新古車を上手に買う


軽自動車を安く購入したいと思ったときに、新古車を探すという人も多いのではないでしょうか。そんなとき、ぜひ考えて欲しいのが新古車を上手に買うという点です。

新古車というのは、ディーラーで展示車や試乗車として使われていたクルマのことで、誰かが所有していたクルマではないけれど完全な新車でもないという、ちょっと変わった位置づけになっています。そのため需要はあるのですが、実際に市場に出回る数は決して多くないというのが現状です。全ての販売店に試乗車があるわけでもないというのがその理由です。元々ディーラーの所有車ですから、中古車販売店に流れることも残念ながらまずありません。新古車を上手に買うためには、ディーラーが運営している中古車販売店に行くのが確実です。

新古車のメリットは、ほぼ新車と変わらない状態でありながら値段が安くなっているという点です。当然、通常の中古車に比べ値段は割高ですが、購入以前の扱いについて心配がいらないというのは大きな安心となるでしょう。ただし、新古車だからといって絶対に安心だとは言い切れません。たとえば試乗車で試乗中の事故歴がある、試乗中に車体に傷がついてしまった、試乗の頻度が高く走行距離が多いなど、注意点もあるのです。展示車でも傷がつくことはあるでしょうし、ごく稀ですが冠水してしまったものも存在します。それでも通常の中古車よりは安心材料が多いので、新古車を探す際もチェックを怠らず新古車を上手に買いましょう。