軽自動車の中古市場


軽自動車の中古市場についてご紹介します。

軽自動車は税金やタイヤなど消耗品、高速料金など維持費が安いので、セカンドカーとしてや買い物や通勤程度の近所の足として、初心者の初めてのクルマとしてなど、軽自動車の中古車への需要は多くなっています。

新車から1年以内ぐらいの軽自動車の中古価格は新車価格とさほど変わらなかったりしますし、普通車ならスクラップ行きの10年以上のクルマでも軽自動車だと10万円近い値段で販売されていることがあります。

中古車の販売価格というのは、ある程度相場というものがあるのですが、下取り査定額というのは販売店ごとにその基準が違っているので同じクルマを査定してもらっても、査定額に大きな開きが出ます。

中古車販売店にも得意な車種、不得意な車種があり、苦手な車種というのは、軽自動車の中古市場の人気に関係なく低くなりがちです。また多くの場合、下取車というのは中古販売店側が希望しているクルマではないので、在庫を抱えてしまうかもしれないというリスクがあるので、下取り査定額というのは安く抑えられがちです。

また、販売店にとって中古車を下取りするというのはクルマを仕入れることと同じですから、できるだけ安い価格で買いたいと思っているのです。

多くの人は、自分の軽自動車の中古市場でいくらぐらいの価値があるのかを知りませんから、実際に低い価格の査定額を提示されても納得して軽自動車を下取りに出してしまうのです。

しかし買取店は、独自の全国ネットワークから購入を希望しているユーザーと売却を希望しているユーザーの情報を非常に多くもっているので、人気の高い軽自動車の中古車が高く売れることがわかっています。ですから、中古車買取店にとって、軽自動車の中古車というのは、高い査定額でもすぐに欲しいクルマなのです。